楽しみながら学ぶ総合学習システム
 オンリーワンぶろぐ


オンリーワン教室風景

秋は対話しましょう!

2017年09月15日
保護者様にコメントを頂戴し、秋は対話しよう!チラシが完成。ぜひ、ご一読ください。
※下の 「2017.秋チラシ.pdf」をクリックして下さればチラシ画像が開きます!
2017。秋チラシ.pdf
posted by まうんてん。 at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

エネルギーって?

小学生、中学生、高校生、大学生、社会人の皆さんに、エネルギーってそもそも何?私たちとの関係は?と問いかけてみました。反応は薄く、エネルギー問題が自分の身近なものになっていない状況。そこで、「NEWSがわかる9月号」を活用し、知って学んで考えるレッスンを行ったのです。
小学生は、エネルギーを使っている身近なものを絵に表し、エネルギーの種類を書き添えました。
中学生以上は、質問シートを使って3つの質問を作成し、答を考えるプリントで思考を深めました。さらに、150字コメント、200字コメント、3663小論文で自分の考えを述べることができた中学生もいます。
高校生クラスでは、水力発電のしくみを知り、「へ〜理科で習った位置エネルギーか」「沸点なの?あ〜習ったね」と科目とのつながりに気づき驚く高校生も。
学校の5科目や生活とのつながりに気づくことで、世界、地球全体へと視野を広げることができた今回のテーマ学習。勉強するっておもしろい!と思ってくれたかな?
DSCN6491_LI (2).jpg
posted by まうんてん。 at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

陶芸レッスン…制作風景…

2017年08月31日
世界平和をテーマにした、モノ作り「陶芸」レッスン風景です。
小学生〜社会人までが、制作を楽しんでくれました!
DSCN6444 (2).JPG DSCN6460 (2).JPG DSCN6450 (2).JPG DSCN6452 (2).JPG DSCN6477 (2).JPG DSCN6466 (2).JPG DSCN6483 (2).JPG DSCN6489 (2).JPG
陶芸制作で必ず守ってほしいこと2点!
@空洞にする(塊では窯内で破裂するので) A厚みを均一にする を事前に伝えておいたところ、「中は穴をあけるんだよね?厚みはこれくらい?」と制作中にしっかりと確認してくれました。理解力バッチリですね。
乾燥後、9月中旬に素焼き予定です。その後、釉がけ→本焼きへと進みます。

posted by まうんてん。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「世界平和」で発想しよう!<陶芸レッスンスタート>

2017年08月18日
「世界平和」でひらめく言葉を5つ出し、さらにイメージを広げるレッスン。どんな言葉で表現してくれたのでしょう?一部を紹介します。

人をころさない、せんそうはそんざいしない、けんかしない、しょくよくはだいじ、ふくがないとだめ(小1) かくへいきを使わない、わらう、たべること、せんそうをしない、げんしばくだんを使わない(小3)分かち合い→仲良し→思いやり 協力→仲間→信頼(小5) 戦争をなくす→自分の国の争いをなくす→国どおしの争いをなくす(小6) 戦争→くだらん→人間のすること 理想→無理→神 いじめ、虐待のない世界、自由、何事にも縛られない、民主化→選挙→言論の自由 ウイルス→病気(中学生) 非核三原則→日本→核兵器アメリカ→エノラゲイ→B−29 宗教の違い→考え 平和宣言、国境(高校生) ひとり一人を認め合う→人権保障→差別をしない プラス思考→自己肯定→洗脳されない(大学生・社会人)
DSCN6469.JPG
右のページには、陶芸作品のイメージ画を描いてもらいました。次回は粘土で造形!!





posted by まうんてん。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

どっちがこわい?

2017年08月10日
こわいものはたくさんありますね。具体的には、どんなものがこわいのだろう?4人の小学生が話し合って、ホワイトボードに書きだしたところ、32個の答が出ました。生き物や自然災害、また、人間が作り出したものにもこわいものがあるということにも目を向け、自分らしい意見を考えるレッスン。
DSCN6434.JPG DSCN6472.JPG
小4のTくんは、台風と原子爆弾を選択。自分らしい意見を書くことができました。長めの文章も書けるようになったんだね、とTくんの成長にガッツポーズの私。

子どもたちは、「NEWSがわかる」の月刊誌を活用した時事問題や今回のレッスンなどで、平和とは何か?戦争とは何か?核とは何か?などの知識を得、自分らしい意見を書き、8月後半に行う陶芸作品の発想へとつなげてくれそうです。テーマは「世界平和」。どのような作品ができるでしょうか?
posted by まうんてん。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

お絵かきコンテストに参加しました

2017年07月28日
ドイツメーカーの水彩色鉛筆と油彩色鉛筆を使わせてもらう機会をいただき、コンテストに参加した小学生たち。2種類の色鉛筆で、描きたい絵を自由に描く体験ができたことが何より価値があることでした。
DSCN6426.JPG DSCN6427.JPG DSCN6428.JPG DSCN6431.JPG
多種多様な体験することは個性を育てるためにも大切だ、と私は考えています。やったことのないことに挑戦しようとしているお子さんたちを応援していきましょう!
オンリーワンスクール広島西では、好奇心旺盛で積極的に行動する人がどんどん育っておりますよ。
posted by まうんてん。 at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

新聞を自分で購入しレッスンに臨む高校生

2017年07月08日
5月のブログでは小学生が新聞に触れるレッスンを紹介しました。今回は、小さいころから新聞に親しんできた生徒たちを紹介します。
DSCN6360.JPGDSCN6425.JPG
国際面を読む高校生(水曜日)とスピーチの話題を見つけようとしている大学生&社会人(金曜日)。家では新聞を取っていない、という生徒2人はコンビニで新聞を購入してから教室にやってきます。毎回、どの新聞社にしようかな、と考えるのも楽しみの1つだそうです。

小さいころから少しずつ世の中のことに触れる機会を作ってあげていると、いよいよ時事に目を向けてほしい、という年ごろになった時にも無理なく情報収集ができるなあ、と実感しています。小さいころからの「準備」「習慣」大事ですね。
posted by まうんてん。 at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ニュース時事能力検定を行いました

2017年06月21日
6月18日(日)は、ニュース検定。お子さんたちには、「今日は全国で受けている人がいるんだよ」と全体を意識してもらい、試験をスタートしました。今回は、初めてチャレンジするお子さんがほとんどでしたので、スタート前は緊張し落ち着かない様子。何度もトイレに行っていましたね。しかし、スタート後は皆集中。貴重な体験だったのではないか、と思います。
DSCN6344 (2).JPG DSCN6351 (2).JPG
初めてニュース検定を受けたRくん(9歳)の20分で書いた作文です。
 ぼくは、先生からニュース検定のことを聞いたので、受けることにしました。それから、勉強をするためにお母さんに5級のテキストを買ってもらいました。ぼくはその日から、少しずつ問題を解いていきました。
 とうとうニュース検定の日がやってきました。受けてみると、温暖化や外国に関係のある問題がとてもむずかしかったです。たくさんの問題が出て、予想もつかない答え方でした。それは、わくをぬりつぶす答え方でした。アンケートにも答えました。僕はきっと合格できると思います。
 5級にチャレンジしたことは、将来に役立つかもしれません。次は4級を受けてみたいです。

マークシート式を、「予想もつかない答え方、わくをぬりつぶす答え方」と表現してあるところが初々しくていいなあと思います。一人ひとりの表現方法を引き出すサポートができれば幸いです。
posted by まうんてん。 at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

時事問題に興味を持つ前の、新聞に親しもう!レッスン

2017年05月30日
課題は「新聞で考えよう!」
今日は女の子が休みだったため、小2・3・4の男の子たちが新聞に親しんでくれました。
このクラスは、新聞を教材にすることが初めてでしたので、気になる言葉や写真を自由に切り取ることからスタート。
DSCN6298 (2).JPG
小2のTくんの感想は、「12じにながいはりとみじかいはりがピッタリくっつくかとおもったら(しつもん!ドラえもんの時計編には)12じにはくっつかないとかいてありました。こんどやってみたいとおもいました。」
小3のKくんは、お腹がすいていたのでしょうか?お弁当の広告をプリントに貼り、「おいしそうだから食べてみたいとおもいました。」
小4のTくんは、テニスの錦織選手の全豪オープン前の練習記事を貼り、「世界でいろいろな人とたたかっていることが分かりました。けがをしてもあきらめずにがんばっているんだなっていうことが分かってよかったです。」

このクラスでも、今日をスタートに少しずつ時事問題に興味を持ってもらおうと考えています。
posted by まうんてん。 at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

太平洋戦争のきっかけについて熱く語る!

2017年04月22日
針路に迷いが生じていた高3のMさんが絶望的な言葉を発するある日のレッスン、まずはテーマ「政治、戦争」についてのブレーンストーミングを行いました。
DSCN6269 (2).JPG DSCN6267 (2).JPG
ブレーンストーミングの後は、太平洋戦争のきっかけについて、ホワイトボードに書き、わかりやすく説明してくれました。
うまい!!わかりやすい!!
説明を終えたMさんは、他のメンバーから「歴史の先生になってほしい」「歴史研究家になったらいいのに」と褒められ、うれしそう。すっかり元気になり、「たのしかった〜」と帰っていきました。
説明後に彼女が書いた「200字コメント(意見)」を紹介します。

テーマ「太平洋戦争を始めた日本の判断は間違っていたのか」
アメリカの言いなりになって石油輸出を再開してもらうか、死ぬかー日本は究極の選択肢を突きつけられていた。当時、戦争を始めたことを誤った判断だったと私は思わない。誤った判断は、大東亜共栄圏を作り出そうと動き出したことだと思う。なぜなら、大東亜共栄圏というのは日本教育をアジアの国々に根付かせた上での経済協力圏であり、していることは植民地化と変わらないと思うからだ。あくまでも日本のもの。その姿勢が悲劇を生んだのではないだろうか。


それぞれのステキなところを認め合うことで、長所がどんどん伸びていますね。
posted by まうんてん。 at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Copyright© 2005-2015 Bonjour-family culture classroom, All rights reserved.